贈答用






うるち米

























ブレンド米


もち米


米ぬか


雑穀


麺類


ご飯のお供



麦茶・穀物茶


その他








栽培方法とは

慣行栽培
県・地域の実績に合わせて設けられた基準の化学合成農薬・化学肥料(窒素成分)を使用した農産物
特別栽培農産物
地域の実績に合わせて設けられた基準の化学合成農薬・化学肥料(窒素成分)を5割以上削減して栽培した農産物
農業協同組合、地方公共団体が使用実態を踏まえ内容を確認したものが農林水産省新ガイドライン≠表示でき特別栽培農産物として表示販売出来ます。
有機JAS
田植えの前2年以上の間、化学合成農薬、化学肥料、化学土壌改良材を使用せず堆肥などで土づくりした水田で、栽培中も有機JAS法に則って栽培した農産物
登録認定機関より認定され有機JAS規格に基づいて生産された有機農産物だけが有機JAS≠ニ表示販売出来ます。
合鴨農法
田植えをしてから2週間位し根がシッカリと根付いたら水田に合鴨も離します。自由に水田を泳ぐことにより口ばしや足で水田の土をかき混ぜるので稲の株が丈夫になり生長に必要な酸素が土の中に入り補給されます。合鴨の排せつ物が肥料となる為化学肥料を使わずに済んだり、雑草や害虫を合鴨が食べてくれるので農薬を使わずに済んだりする為、無農薬栽培が可能になりました。
不耕起栽培
不耕起栽培は、田んぼを耕さないまま稲を育てる栽培方法です。
田植えの前に田おこし・土づくり・代かきをして土を柔らかくして田植えをしますが、不耕起栽培では耕さずに硬い土のまま苗を植えます。
硬い土の中では雑草の種子が発芽しにくく、稲は硬い土に負けないようにしっかりと太い根になる為、稲が倒れたりすることもない。病気や害虫にも負けない強い稲ができます。
この栽培を何年か続けるうちに自然と雑草が減るので除草剤を減らしたり使わなくてもすむようになります。